荒川病院

東京都荒川区にある医療・看護を提供する療養型病院。

(平日/9:00〜17:00 土曜/9:00〜13:00)

荒川病院について

私たちは、患者さんに、ご家族に約束します。

看護部

看護部長 江原くるみ

看護部長 江原 くるみ

私たちは看護・介護が好きで、人が大好きです。
当院は療養病棟2棟と特殊疾患病棟1棟を持つ153床の療養型病院です。急性期医療を終えた後も、継続して医療を必要としている慢性期の患者さんが入院されています。
私たちは患者さんが穏やかに安心して療養生活を過ごして頂けるよう「常に優しく患者さんに寄り添い生命の尊厳と人間性を尊重し信頼される看護・介護を提供する」ことを看護理念としています。日々、患者さんの「自分らしさ」を大切にし、ご家族とのふれあいの時間を有意義に過ごせるよう努力しています。
そして、患者さんやご家族から「荒川病院に入院して良かった」とのお言葉を頂いた時が職員の「喜び」や「やりがい」であり、仕事に取り組む精神的支柱になっています。
また、私たちと一緒に看護・介護を実践したい方をお待ちしています。
当院はライフワークバランスの良さを実感できる職場です。10年以上勤務している職員も多数おり、子育て支援制度も充実しています。毎日明るい笑顔で挨拶して仕事に取り組み、達成感を持って定時には仕事を終える事ができる職場です。
看護や介護が好きで、人が大好きな仲間が待っています。

2階病棟看護師長 沖本 妙子

2階病棟看護師長 沖本 妙子

2階病棟は4階病棟と同じ療養型の病棟で、寝たきりの患者さんが9割以上です。病棟内は、清潔に心がけ臭いも少なく、ホールには職員が駆使して作成した四季折々の飾りつけがあり、季節感を味わうことが出来ます。
病棟誕生日会には、スタッフによるハンドベル演奏や歌でお祝いをし、食事もちょっぴり豪華になります。
また、病院の敷地内には、小規模でアットホームな雰囲気の保育室が併設されており、子育てをしながら活躍できる環境や医師に意見を言える風通しの良さがあります。
患者さん、ご家族の方々から「この病院に入院して良かった。入院させて良かった」と感じて頂けるよう、スタッフ一同頑張っております。

3階病棟看護師長 岡本 順子

3階病棟看護師長 岡本 順子

荒川病院は、横に隅田川が流れその向こうにスカイツリーが見えます。夜勤明けの朝は、隅田川の先の北千住のビル群の向こうに幻想的な日の出を見ることが出来ます。 派遣で入って、一年後に常勤として採用してもらい、10年が経ちました。魅力は有休取得率100%で休みが多いことです。病室もゆったりしており明るい雰囲気で、子育て中の看護師・看護助手も多く、働きやすい職場です。
3階病棟は特殊疾患病棟で、パーキンソン病や重意識障害の患者さんが主です。寝たきりの患者さん多いですが、声掛けに少しの反応でも見られるととても嬉しくなります。 笑顔を絶やさず、患者さん・ご家族に寄り添う看護・介護を心がけて、スタッフ一同頑張っています。

4階病棟看護師長 岩崎 由美

4階病棟看護師長 岩崎 由美

4階病棟は療養型の病棟です。最新の医療機器はありません。
しかし、療養病棟ならではの穏やかで静かな時間が流れます。患者さん・ご家族・職員との距離が近く、患者さんとのコミュニケーションの時間を多くとることができます。
子育て真っ最中の若い職員から救急病院を長く経験したベテラン職員もいて、お互いに刺激・学習しあえる環境になっております。
職員一同、常に患者さんに寄り添っていける看護をめざします。